全体設定-SIRIUS2

全体設定

SIRIUS2のサイトオプション【全体設定】についての詳細ページ。

アイキャッチ画像

ここでは【サイトプション】の「全体設定」の各項目を見ていきます。

いっぺんには紹介しきれないので、わかってるところから随時書き足していきますこと予めご了承ください。


全体の設定

準備中。

サイトの表示設定

準備中。

カテゴリー・エントリーの設定

準備中。

ファイル名の設定

準備中。

構造化データ

 

①OGP設定

ここをONにするとOGP設定が有効になります。

 

OGPとはFacebookやTwitterといったSNSで拡散する際、ページのタイトルイメージ画像概要などを正確に伝えるための規格のようなものです。

OGPが設定されてないとSNS側で勝手に判断した内容が表示されて利用者にページ内容が正確に伝わらず、結果として記事を見てくれない可能性も出てきます。

SNSを使っての”拡散”は今の時代必須とも言えるのでOGPはぜひとも設定しておくことをおススメします。

ツイッターカードというのは文字通りTwitter上でどんなふうに表示させるかの設定のようなもので通常はOGPと併用で設定しておきます。

 

SIRIUS2のOGPは基本的には半自動なので、設定さえ済ませておけばあとはSIRIUS2側が勝手に出力してくれます。

サイト管理人

筆者

 

表示といってもページ上ではなくソース上での表示なので通常は表には出ない情報になります。

 

出力される項目は以下の通り。

  1. サイト名称
  2. サイトURL
  3. サイトタイプ
  4. ページタイトル
  5. ページ概要
  6. イメージ画像

 

OGPは大きく分けて2種類あります。

トップページ用エントリーページ用

 

トップページ

1.~5.までは【全体設定】で設定した内容がそのまま使われるのであなたは特にすることはありません。

 

6.の「イメージ画像」はヘッダー画像かヘッダー画像がない場合はページ内で最初に出てきた画像が出力されます。

 

ココがちょっと

当サイトではトップページだけにヘッダー画像を表示させてます。

 

ということは本来ならその画像がイメージ画像として表示されるハズなんですが、なぜかSIRIUS2にデフォルトで収録されてる「sample.jpg」や「dummy.jpg」や「dummy.png」といった画像がイメージ画像として指定されてしまうんです。

 

この画像自体は本来表示すべき画像がない場合に仮で代替表示される画像ファイルで、いずれもいたって殺風景なデザインです。

 

 

いろいろやってはみたんですよ。

ファイル名を変更してみたり登録方法を変えてみたり…考えうることは全部やったんです。

 

でもどうやってもヘッダー画像を表示してくれないんです。(ウソツキ

 

でもね、そもそもヘッダー画像がOGP画像として指定される仕様だとして、そのヘッダー画像がサイトをイメージさせるような文字画像も入ってない単なるイメージ画像だった場合は逆に「なにこの画像?」という感情を利用者に抱かせてしまう恐れもありますでしょ。

 

それもどうかなぁということで、この際マニュアルでOGPを作ってみました。

うまくいかない方はお試しあれ。

 

マニュアルといってもやり方は簡単です。(手順は多いけど)

1.OGP設定を有効にした状態でいったんページをアップロードします。

 

2.トップページを開いてソースを開き(CtrlUキー)、『meta property="og:...』という文字が含まれてる行を全コピーしメモ帳にでもペーストしておきます。

 

 

サイト管理人

筆者

 

イメージ画像(赤下線部)は「dummy.png」になってますね。

 

3.OGP(サイトイメージ)用の画像を新規作成します。

(今回はsite-header.jpgというファイル名で作成)

 

サイト管理人

筆者

 

できれば先にやっておいた方がいいですね。順番間違えました。

 

4.メモ帳内の「dummy.png」を「site-header.jpg」に書き換えます。

 

5.【テンプレート】→【HTMLテンプレート編集】→【トップページ】を開きます。

14,15行あたりに「<% ogpValue %>」という記述がありますが、それがOGP設定用のSIRIUS2独自タグです。

 

6.この独自タグをコメントアウトするか削除します。

 

7.空いたところに書き換えたメモ帳のOGO用タグを全部コピー&ペーストします。

 

 

サイト管理人

筆者

 

モジュールに登録しておいてモジュール記載でもOK。

 

これでトップページのOGPイメージがこちらで用意した画像で表示されるようになります。

 

イメージ画像のサイズですが、Facebookでの拡散まで視野に入れるなら横1200×630以上のサイズで画像を作っておくといいようです。

(※ファイルサイズは上限8MBっぽい)

 

エントリーページ

こちらも「個別ページの設定」に書き込んだ内容がそのままOGP用データとして出力されるので、キモはイメージ画像のみです。

 

そのページ用のイメージ画像(通常はアイキャッチ画像で代用)ができたら『サムネイル画像』に登録しておきます。

 

 

これでエントリーページのOGP設定も完了です。

 

Twitterカードに関する設定

TwitterカードというのはツイッターにURLを貼り付けてツイートするとタイトルやアイキャッチ画像や概要などを表示してくれる機能です。

 

テキストだけじゃなく画像も一緒にツイートできるので投稿を見た利用者の印象に残りやすいというメリットがあります。

 

ここをONにしてあなたのツイッターアカウントを記入しておくだけで設定は完了です。

Twitterカードを利用する場合は上の『OGPの設定』が有効になってる必要があります。

 

無効の場合はTwitterカードは表示されません。

 

表示される(アイキャッチ)画像の大きさには2種類あります。

 

Summary Card

こちらがSIRIUS2のデフォルト設定で、画像は1:1の正方形で表示されます。

 

横長の画像の場合、画像は真ん中の正方形部分だけが表示エリアになります。

 

 

Summary Card with Large Image

こちらはアイキャッチ画像が大きく表示されるタイプです。

 

ただ残念ながらSIRIUS2では使えません。

 

構造化データに関する設定

準備中です。

コメントフォーム(β版)

    ※コメントはこちらからどうぞ

    このフォームを作成するにあたって参考にしたサイト情報はこちらに載せてます